読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホワイトニング専門歯科の東京の専門医が書く『白く輝く歯GET』ブログ

白い歯が必須の現在、様々なホワイトニングが入り乱れています。巷で噂のホワイトニングや白い歯GETのおススメの方法など記述します♪

そもそも、ホワイトニングとは!?

ホワイトニングって、そもそもどういうものなの?

「ホワイトニングで歯が白くなる原理」意外と知られていないですよね。

実際はホワイトニングってどんなものなのか、よくわからないという方も多いと思いますので、ここで簡単にご説明致します!

ホワイトニングとは、
ズバリ『歯を漂白すること』

歯を漂白…なんて怖い!と思う方も多いでしょう。

漂白というと、お洋服や食器などが身近で、人体には無関係な感じですものね。

でも実際は、ホワイトニング先進国のアメリカでは100年以上前から行われている治療でもあります。

それが発展して、今では特に
「安全で、たった一回で白くなるホワイトニング」があります。

しかし、この100年以上もの研究と改良は、専門家が並々ならぬ努力で発展したもので、そのために開発され発売された『専門家のための』ホワイトニングは、

それなりの材料費がかかります。

例えば、一人あたり、一回10000円くらいの「材料費」の物ですと、上記のような本物のホワイトニングを受ける事ができるでしょう。

ただし、良いですか?

材料費だけで10000円ということは、
もちろん、施術費用はその何倍かかかってきてしまいます。
これを導入するには土地、設備、専門医等が必要になるので、一般的には、材料費の10倍と言われます。

ですから『本物の、一回で8〜10段階以上白くなる安全なホワイトニング』は
普通は十万円ほどかかりますよね。 

最近は何故か、一回一万円というホワイトニングが出てきています。

という事は、材料費は1000円以下のホワイトニングなのです。(実際は100円以下野者を使っているのですが…)

つまり、この様な「激安、なんちゃってホワイトニング」は『歯磨き粉と同じ』か、
または先程「ホワイトニングは漂白の原理」とお話しましたが、(身近で安い漂白剤)といえば?

もうお分かりですよね。
ハイターみたいな、漂白剤と同じ成分の、液体の漂白消毒剤を無理矢理、使っています。

もちろんそのままでは危険過ぎるので、やはりかなり歯磨き粉成分を自分で混ぜて、ホワイトニング剤としているのですね。。

まあ、こんなに安い理由は、身近な物からと、材料費から考えれば分かるのですが。。

器具などの漂白消毒剤と歯磨き粉成分を混ぜちゃった激安ホワイトニングは、
今やほとんどの歯科医院で当たり前の様に提供されてしまっています。

法の規制が追いついていないのですよね。

裏で、なんちゃってホワイトニング剤をせっせと作っているなんて、知る術もないですし。

心配な場合は、もし可能ならば、ホワイトニング剤を見せてもらって下さい!

もし、液体と歯磨き粉をその場で混ぜた様な形の物であれば……アウトと言うことです(・・;)

ちゃんとしたホワイトニングの薬剤名が入った一人ひとり用の容器で見せてくれた場合は、ある程度安心して良いと思います。

ただし、広告などに良く出てくる「市販」の「ホームホワイトニング」や「歯磨き粉」はこの限りではありません。

市販の物は当然、容器に入れてありますが、中身が≒普通に歯磨き粉です。

くれぐれも、グレーゾーンな危険なホワイトニングには気を付けて下さいね!

ホワイトニング専門歯科の当院では、

もちろん、前述の本物のホワイトニング剤を企業努力によりリーズナブルに提供しております。

気になられたら、今は大幅割引キャンペーンも行っていますので、この機会に体験してみてくださいね!

ホワイトニング専門歯科、ホワイトマイスターはこちらをクリック